自宅用ホワイトニング商品まとめ

知覚過敏だけど、ホワイトニングした理由

 

 

「あんたの歯は汚いねえ」

 

私の歯が黄ばんでいると指摘したのは、母でした。

慌てて鏡を見たものの、自分ではそれほど汚いとは思えず、「えっ? 嘘でしょ? 汚くないよ」と全否定した私。

でも、汚いと言われると気になるものです。

その時たまたま虫歯の治療中だったので、ついでに汚れも綺麗にしてもらおうと思いました。

 

ホワイトニングは痛い?

 

次の診療日、まず一番気になる料金を聞いてみました。

ホワイトニングの料金体系は1回1万円、基本は3回ということ。心配したほど高額でなく、安心しました。

ただ、クリーニング後、薬を塗布してしばらく時間をおかなければならず、痛みを強く感じるかもしれないという話にドキッとしました。

私は水がしみたりする知覚過敏なので、かなり痛いかもしれないからです。

 

知覚過敏でもホワイトニングした理由

 

痛みについて不安を感じながらも、虫歯治療の後にホワイトニングの相談をしてみました。

そこで出てきたのは、歯の色見本。色見本は、真っ白から茶色までグラデーションのような段階で並んでいます。

それらと自分の歯を並べ、鏡で確認してビックリ。黄ばみ汚れが一目瞭然でした。

仕事中、しょっちゅうコーヒーを飲んでいることが原因です。

このまま放置すれば、歯の汚れはもっとひどくなってしまいます。

そうなる前に、ホワイトニングしようと決めました。多少の痛みは我慢できるはずですから。

 

大切なのは、ホワイトニング後のケア

 

ホワイトニングで強い痛みが出るかどうかは個人差があるので、本人が一度やってみなければ分かりません。

私の場合、多少しみたものの、思ったより痛みは少なく済んだのでホッとしました。

3回のホワイトニングを終えた今、歯の本来の白さを取り戻すことが出来て満足しています。

でも、これでホワイトニング完了ではありません。

白さを保ち続ける為に、定期的なクリーニングが必要です。

また、コーヒーは食後だけ飲むことにして、仕事中は控えるようにしました。

好きな時にコーヒーを飲めないのは寂しいけど、心なしか知覚過敏の症状も軽くなった気がするし、綺麗な歯の為だし、頑張ります。

 

40代 女性

 

 

↓↓トップに戻る↓↓

自宅用ホワイトニング商品まとめ