自宅用ホワイトニング商品まとめ

職場復帰前に、絶対白い歯を取り戻したい!

 

 

私が歯のホワイトニングをしようと思いたったのは、仕事への復帰がきっかけでした。
この10年、三人の子どもの出産と育児を繰り返し、仕事からすっかり遠ざかっておりました。末の子どもが小学生になり、育児が落ち着き、そろそろパートでも始めようか、と思いました。
私は以前薬剤師として勤務していましたので、パートも薬剤師の資格を生かせるものを、、と思い、はたと気がつきました。薬局ではたくさんの患者さんと話すのが大事な業務です。薬剤師として清潔感や身だしなみは大事な要素なんです。加齢により、髪はパサつき肌は衰えていますが、なんとかこざっぱりと整えることが出来そうですが、問題は歯でした。紅茶を嗜好飲料として1日に何杯ものむ私の歯は、茶渋で茶色くそまっていました。子どもを預けられないからと、自分のためには歯医者にも何年も行っていませんし、自宅に居るからと、紅茶も飲み放題でした。こんな歯ではいけない、パートの面接前にはなんとかしないと、、と歯のホワイトニングをケツイしました。

まず始めに、ホワイトニング中は紅茶を我慢するという誓いをたて、紅茶の葉っぱを見えないところに隠しました。それから、ホワイトニング用の歯みがき粉と歯ブラシを準備。さっそく試してみましたが、余り効果をかんじられません。
一週間続けましたが、白くなった気がしません。そこで、違うタイプの歯みがき粉とシリコンゴムがついた歯ブラシに変更してみました。
そうして一週間。やはり効果を感じられません。最後の手段として、歯医者さんでのクリーニングにふみきりました。

私の歯を見た歯科医は、まず1日では無理なので、2日に分けて行うと言いました。汚れ具合がかなり酷かったようなのです。
市販の歯磨きを試した旨を伝えると、このレベルになると市販品では無理なので、キレイになった後のアフターケアに使うといいと教えてくれました。

歯医者では強力なホワイトニングをしてくれたあと、歯の表面のざらつきを削ってくれました。ざらつきがある人は汚れやすいからと、言われました。
費用は思ったよりも安いものでした。紅茶を、やめられないのなら3ヶ月に一回クリーニングにくると、白い歯をキープできると薦められ、今も通っています。
やはり、歯が白いと若く見られ、ホワイトニングして良かったな。と思っています。

 

40代 女性

 

 

↓↓トップに戻る↓↓

自宅用ホワイトニング商品まとめ