自宅用ホワイトニング商品まとめ

まずは歯医者さんに行くことを強くオススメします

 

 

歯のホワイトニングを考えるようになったきっかけ


私は現在41歳の女性です。加齢とともに、容姿の衰えがかなり気になり出し、体型や肌の状態など、できる限りの美容やアンチエイジングに取り組もうと考えるようになりました。顔や体以外に細かいパーツも年齢が出てきてしまうということを感じ、歯の手入れについて真剣に考えるようになりました。今は卒煙できているものの20代の頃にかなりの本数のタバコを吸っていたこと、また現在の仕事がデスクワークであることから、コーヒーを飲むことが習慣になっていることから、歯の黄ばみが他の方に比べ目立つことに今更ながら気づき、効果的なホワイトニングを行いたいと考えました。

歯科医院からの説明


最初は手軽に自宅でケアできる用品を買うつもりでいたのですが、種類や値段もまちまちで、私に合うものを選ぶことが非常に難しかったため、一度専門家である歯科医院を伺うことにしました。先生からはタバコを吸ったりコーヒーを飲んだりしない方でも、加齢によりエナメル質が磨耗してしまうことで歯が黄色く見えてしまうようになるというご説明をいただき、まさに私の状況そのものであると感じました。

ホワイトニングの種類


ホワイトニング薬には着色による汚れを分解する効果と、歯そのものの色を白くする効果があるとのことです。

ホワイトニングの効果を上げるために


毎日しっかり歯を磨いている方でも、長年歯医者に行っていない人の歯には必ず歯垢や歯石がたまっているおり、しっかりと歯石をとってからホワイトニングを行うことで最大の効果が得られるとのことでした。私は虫歯はありませんでしたが、歯石がかなりたまっていることが分かったため、先に歯医者さんに伺っていて本当によかったと思った瞬間でした。

着色の予防と検診


着色の原因となりやすい成分を多く含んでいる食品を食べた後はそのままにせず、水で良いのでできる限り口をすすぐ習慣をつけた方が好いことを教えていただきました。その他、歯科検診をまめに受けることで、虫歯の早期発見や歯石の除去も効果的に行えるのでお勧めとのことです。良いお話がたくさん聞けたので、これからもきれいな歯を維持しようと強く決意しました。

 

40代 女性

 

 

↓↓トップに戻る↓↓

自宅用ホワイトニング商品まとめ